バンコク就職日記

バンコクで就職した日記 まったり更新予定

アジアはお金がかからない。自分もバックパッカーをした経験から、まさしくその通りですが、ひとつ条件があります。現地に慣れること。要するに、アジアに来て、日本の生活を要求してはダメだということです。たまには、日本料理食べたくなりますけどね。

ということで、今、分かるものとしては、

・マンション代 1万/月バーツくらい(プール付き、セキュリティ完備、光熱費込み)
・タイ語学学校代 1万/月バーツくらい(プライベートレッスン) 

友達に手配してもらったマンションは譲れなかった。プールが気に入ってて決めうちです。語学学校をプライベートにしたのは、もし早々に就職が決まれば、アレンジが効くかなと思うからです。まだ要リサーチです。

あと食費込みで、一ヶ月3万バーツくらいで生活できればいいなと思ってます。おおまかに見積もっても、3万バーツ=約10万円だとして、語学学校 2~3ヶ月通うとして、30万円。余裕を見て、50~70万円くらいで十分かと。

持ち込み方ですが、現金で持っていくちょっとだけリスキーな方法を考えてます。税関では、この額ならばひっかからないようなので、問題なしです。 


クリックして、応援よろしくお願いします!にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

スポンサードリンク

さて、11月16日にバンコク行きのチケットを取りました。早速、近づいてきた出発日。少しづつ荷物を片付けています。なるべく軽量で旅をするのが好きだったので、部屋にもあまり荷物を溜め込んでおらず、そんなに重労働ではなさそう。本とかかさばるものは、リサイクルショップへ。良い値段がつきそうな物は、ヤフオクへ。

でも、おそらくスーツケース一個というわけにはいかないから、日本からの国際郵便を調べてみると、EMSという航空便で5kg6000円、船便で3300円らしい。中古炊飯器持っていきたかった自分としては、悩みどころです・・・

それにしても、バンコクの気候は熱帯なので、四季がないのはもちろん、一年中暑く、服はそれほど必要なさそうで荷物も少なさそうです。 

タイはかれこれ10回ほど行っていて、日用品などはピンからキリまでなんでも揃うので、あまり心配はしてません。ほんとバンコクはタイの中で抜群に便利ですね。 


クリックして、応援よろしくお願いします!にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

スポンサードリンク

このページのトップヘ