バンコク就職日記

バンコクで就職した日記 まったり更新予定

12060214254754


最近、友人にタイでの就職活動のことをよく聞かれるので、思いつきで書いてみたいと思います。

・なぜタイで就職したか

 タイで長く住めると思ったから。

まず、休暇のときに東南アジア旅行することを薦めています。働くこと以上に大事なのが、生活ができるかどうかというところだと思います。

ただ海外で働いてみたいという気持ちだけでは長続きしないし、転職できる可能性も低いと思います。旅行をしたりして、もっと考えていることを掘り下げることが重要です。どの会社もタイ、そしてアセアンで長く働いてくれる方を希望しています。

・就職活動はどのようにしたか

私はタイで人材紹介会社を利用した。

私の利用した人材紹介会社を調べて見ると、日本でも転職説明会を開いているということなので、日本で転職活動ができるようです。この場合は当然、タイ語を話せないと思うので、自分の専門分野を生かした転職が多いと思います。 

仕事をやめてタイ語を学び転職するというリスクをとるか、仕事をしたまま日本でタイ転職を決めるか。前者の方が当然成功する確立は高いと思います。リスクをとるということは、リターンも大きい。

・ビザはどうしたか

ノービザ⇒ビザラン⇒学生ビザ⇒就労ビザ(ワークパーミット)

厳密にいうと、今ワークパミットの申請中で就労ビザで働いています。

最近ビザランが禁止になったらしいので、しっかりと計画を立てて、タイでの転職活動をする必要があります。ビザランとは、ノービザ(ビザをとらずに入国)の滞在有効期間が30日なので、その期限をのばすために、第3国に行き、また新しくノービザの状態にすることです。以前はこれを繰り返して、長期滞在してる方がいたらしいです。

ですので、私のように学校で学生ビザ(1年有効)をとるか(語学学校で取得できます)、ツーリストビザを取得するかです。ツーリストビザはダブルがあり、3ヵ月経ったら第3国で更新し再度3ヵ月滞在できるビザだったと思います。 こちらだと最長6ヵ月滞在できます。

---
実際に働いてアドバンテージに感じていることは、外国語が使えること。タイは特にタイ語です。英語だけであれば、ビジネスレベル、気兼ねなく話せるレベル。あまりあてになりませんが、おそらくTOEICで800以上くらいではないでしょうか。(日本のTOEICは会話テストが含まれていないため)

思うに、大企業では優秀な方が多い傾向にあり、研修制度もしっかりしているので、タイ語をしゃべられる方もいると思います。一方で、主に中小企業では研修制度もないため、タイの滞在年数が多くなければ、ほぼしゃべれないと思います。 たしかに聞いたのは日産の研修で、勤務時間内に6ヵ月のタイ語研修があるということです。研修のある企業はそれほど多くないと思います。勤務時間外という企業が多いと思います。勤務時間外では、ほぼやれてないでしょう。

英語に比べ、タイ語は学習者も少ないため、要求レベルはそれほど高くありません。 チャンスです。

過去の記事と重複してる内容が多いと思いますが、気になったのでもう一度書きつらねてみました。 

スポンサードリンク

AC_12ILAV05


「私そろそろ帰らないと浦島太郎になっちゃうよ。」

取引先でタイに4年ほどいる日本人の方が言ってました。この意味は、タイに長くいるから日本の情報に疎くなっているということ。一理あるけど、今の時代、そんなに違和感ないんじゃないかなと思いました。

実際に、私が日本に一時帰国した時はあまり違和感を感じなかったことを覚えています。自分の地元のローカルニュースは分からないにしろ、日本の大きな動きなどは把握できる時代になりました。

あまり違和感を感じなかったのは、インタ-ネットによるところが大きいです。情報は、テレビ・ラジオ・新聞、そしてインターネットがあります。テレビは家に置いていない。 ラジオの情報は効率が悪い。紙の新聞はときどき日経のみ読んでいます。

そして、インターネット。大きな情報源としては、日経電子版、ヤフーニュース、スマートニュース。前の2つは有名ですね。その中でも、スマートニュースが一番いいです。幅広いところから情報をまとめてくるので、様々な記事が読めます。

あと、ツイッターも活用してます。最近、政権が4連休になるからと来月の11日を休日にするという発表しましたね。このニュースはツイッターで知りました。タイに関係がある方をフォローしてます。

そういえば、忘れていけないのがフリーペーパーです。色々と試しましたが、ワイズとダコとニュースクリップに落ち着きました。 タイの記事から日本の記事まであるので、欠かせません。

過去に、ウェブとフリーペーパー情報はまとめたので、詳しくはそちらを参考にして下さい。 
バンコクのフリーペーパーまとめ
バンコクのウェブ情報まとめ

過去に投資をしていた経験からさすがにこれだけの情報で投資判断はできませんが、今の日本を知るという意味では十分。むしろ、日本から離れていた方が日本を客観視できて、いいかもしれません。 

スポンサードリンク

このページのトップヘ