突然ですが、仕事をやめました。
バンコクでの生活は続けます。

arskronika_del_2-300x200


詳しいことは話しませんが、退職理由としては、面接時に提示された会社側の条件と大きく違ったということです。たった数ヶ月で、条件と大きく違うということで、この先は当てにならないという判断でした。

理由があって辞めたわけですが、私はけっこうショックでした。落ち込んで日本に帰ろうかとも考えました。これまでトントン拍子で自分の計画通りに進んだこともあり、その反動かとも考えたときもありました。

ただ、仕事は生活の基本ではありますが、それだけではありません。

なんとか、かろうじて、仲間がいました。タイ人・日本人に関わらず、普段何気なく関わっている人たちもいました。今は、なんとか救われているし、バンコクにいる理由というのも、この仲間がいるからです。 

辞めるときの、「少し語学ができるくらいで」という会社側の捨て台詞が忘れられません。もっと語学に磨きをかけます。

今年は最後の最後にイベントがあったわけですが、年初めから振り返ると、タイ語の勉強・就職・退職というジェットコースターな一年でした。

まだまだ1年という感じなので、3~5年のスパンで考えると、どんどんタイに根付いていきたいという思いです。良いときばかりではないので、これをまた乗り越えていきたいと思います。1度考える時間を与えられたことで、自分の働き方や周りの状況をじっくり見られるようになったことは良かったです。 

今年1年、どうもありがとうございました。 来年もよろしくおねがいします。まったりと更新していきたいと思っています。ちょっとまったり過ぎたかな。。